活動報告

6月議会始まる

2020年05月25日

 第3回宝塚市議会(6月議会)が始まりました。会期は本日から6月29日までの36日間。
 市長提出議案は、専決処分の報告6件、特別職の給与月額の減額に関する条例ほか12件、補正予算3件、その他9件、計31件。議員提出議案は、議員報酬と政務活動費を減額する特例に関する条例ほか3件、コロナ対策基金の設立を求める決議1件。市民からの請願2件を扱います。

 本会議開会後、市長のあいさつに続いて、議会運営委員会と常任委員会の委員選任、阪神水道企業団議会議員の選挙を行いました。恒例の新しい室長級以上の職員紹介はコロナ対応のため省略。上記の議案のうち、5月中の議決を要する2件のみ(本日即決のつもりが^^;)総務常任委員会に付託し、本会議の休憩中に審査し、議会運営委員会で日程に追加して、再開後の本会議で議決。議員提出議案、決議ともども全会一致で可決しました。
残る議案と請願をそれぞれ所管の常任委員会に付託しました。

 ひな壇の「密」を避けるため、理事者側は市長、副市長、総務部長、行財政担当部長、教育長、市立病院事務局長のみ出席を要請。また、常任委員会を議場で開催するという異例のスタイルです。
 今年度も議会運営委員会(委員長)、総務常任委員会に所属することになった寺本は、朝からいくつもの会議に出ずっぱりでした。

6月議会に向けて 

2020年05月22日

会派代表者会・議会運営委員会

ローカルマニフェスト推進連盟研修会 on line

2020年05月20日

ローカルマニフェスト

第 回 近畿市民派議員交流学習会 on line

2020年05月20日

近畿市民派議員

市民と議員の条例づくり交流会議 on line

2020年05月11日

臨時議会

臨時議会

2020年05月11日

臨時議会

宝塚版「拍手運動」に異議アリ!

2020年04月25日

 新型コロナウイルス感染症対策の最前線で働く医療従事者たちを称える「クラップ・フォー・ケアラーズ」。イギリスで市民が始めた動きが世界に広まり、日本でも茨城県、福岡市などで取り組まれていると報じられたのが10日頃で、絶対うちもやるぞ…と思っていたら案の定、始まりました。

 「クラップ・フォー・ケアラーズ・アンド・エブリワン・イン・タカラヅカ」は、医療従事者に加え、負担が増えた・収入が減った・がまんや窮屈な思いをしている全市民に、感謝と激励と結束の拍手をおくるもの。市長以下職員たちが庁舎1階のバルコニーに集まって(!)、市立病院の方角を向いて、30秒間拍手している光景に違和感を覚えたのは私だけでしょうか。
 並ぶのは2m間隔でも、狭い階段やエレベーターで何十人も降りてきた。市役所が市立病院に(職員同士)? 防災スピーカーで曲を流す?(なぜか「ふるさと」) 市民のみなさまもご自宅でって…。昨今の中川市政にはある種の危なさとかなりの「危うさ」を感じています。

 人の命を救うために過酷な環境の下、文字どおり命がけで奮闘するプロフェッショナルの姿に胸を打たれない人はいないでしょう。企業や団体が建物をライトアップしたり、メッセージを掲げたりして感謝を伝える取り組みにも賛同します。
 でも、行政が今為すべきことは拍手キャンペーンじゃない。病院への物的「支援」と、保育所や乗り物等で起きている医療関係者・家族への差別的扱いを直ちになくすこと。コロナ情報のとりまとめ&発信で大忙しの危機管理室が話題づくりのために少しの時間も割く必要はありません。

宝塚市で初の感染者 

2020年03月12日

 11日に本市で新型コロナウィルス感染症への感染が2例確認され、うち80代の男性1名は入院中の病院で亡くなった後に陽性と判明。いずれも介護老人保健施設「グリーンアルス伊丹」のデイケア利用者だそうです。

 同日18時から市危機対策本部会議が開かれ、私たちは本日13時から開かれた議員総会で、市長の報告を受けました。
 PCR検査や医療体制、保健所の対応、職員の感染予防対策などについて質問が続いて、私は「県内の医療機関や保育所で職員が感染して閉鎖されている所がある。うちで発生した時の対応は決まっているのか」と質問。業務継続計画の話ですが、明確な答えは聞けませんでした。
 トップは各部署にシミュレーションを行うよう指示していないのか――。

 市の新型インフルエンザ等対策行動計画では、未発生段階で「発生を想定した図上訓練、実働訓練等を行う」と定めています。2008年に私が一般質問でH5N1型鳥インフルエンザによるパンデミック対策を取り上げた時には、防護資材の備蓄はもちろん、庁内シミュレーションまで行っている自治体(姫路市、池田市など)があったのを思い出しました。 

議論の質とリスク回避 ☆議会はナメられている

2020年03月11日

 本日からの予算特別委員会をどうするか。昨日の支援本部会議の議論を受けて、岩佐委員長以下11名の予算委メンバーで協議されました。
 示されていた選択肢は2つ。A案は、入室人数の制限など感染防止の徹底を図りながら会議を継続するというもので、予算委員会委員長から審査の進め方や感染防止策などが提案されています。B案は、委員会質疑をすべて文書で行い、総括質疑もなし、代わりに最終日の本会議で質疑を行う案で、リスク回避の必要性がレジュメで力説・・・(つまりは議長案?)

 前述のとおり、私はA案を支持してきましたが、当の予算委員長は一転して「開かない」方向でまとめたい意向がありあり。わが会派の予算委員を務める北野議員は、議論の質と「文書答弁」を準備する職員の負担の両面から異を唱えてくれたのですが・・・。
 委員の1人が発熱して欠席(フェーズ2)、委員会室が狭く、控室には窓がないという特殊事情もあって、概ねB案で決着。ただし総括質疑を(入室人数を減らすため)通告制をとり議場で行うことに。予算委員会は17日のみ開催、一般の傍聴は不可、インターネット中継を行います。

 呆れたのは、ここで議会事務局から聞かされた理事者側の「できればやってほしくない」との返事。浮上した「総括2日案」か予算委員会そのものの話かは不明ですが、誰やっ!? この議会軽視ぶり――。
 北野発言「市長一人でも出てきて答えてくださいよ」に、あぁスッキリ!

予算の質疑を「文書」で?

2020年03月10日

 宝塚市議会では昨日に引き続き危機対策支援本部会議を開いて、想定されるフェーズ別の対策について協議しました。

【フェーズ1】近隣市で患者発生が続く、宝塚市内で患者が発生
【フェーズ2】議員もしくはその家族に疑わしい症状(発熱、咳等)が発生
【フェーズ3】議員もしくはその家族において患者が発生(陽性と診断)
 
 フェーズ2で当該議員は出席不可、傍聴も不可。3に入ればすみやかに会議を休止し、濃厚接触者と判断されるものは約2週間の自宅待機です。会期内で議案の処理が不可能になることが想定されるため、このフェーズに入る前に対策を講じておく必要あり。ということで、さて、明日からの予算特別委員会をどうするか――。

 中野議長から提案されたのは、通常4日間で行う費目ごとの質疑を「文書質問」に代え、総括質疑の代わりに最終日の本会議で質疑を行うこと。委員会で「集まり」「話し」、何十人もの職員を控室で待機させるのを避けるためです。
 予算審査は、一年間の行政サービスの内容をチェックして新年度予算を確定する、議会の最も重要な仕事です。事業の必要性を議論し、場合によっては修正や否決もします。それを、「クラスターの発生を防ぐため」とはいえ、文書で済ませるのはいかがなものか。予算委員会委員長の提案どおり、入室者と待機者をできるだけ少なくする運営上の工夫で足るはずだ、と私は強く主張しました。
 文書質問というイレギュラーな方法を取ることに執心する意見も引かず、あとは予算委員会で判断することになっています。
 新型コロナウイルスは空気感染ではなく飛沫感染。フェーズ1や2で委員会を開かないなら、そもそもこのフェーズ分けは何のため? 

 兵庫県の感染者は、神戸市内の認定こども園に勤務する女性などが加わって計18名に。県からの指示で学校休業期間は25日まで延長、このまま春休みに突入です。

新型コロナ これでいいのか危機対策本部 

2020年03月09日

 第3回市対策本部会議に続いて、14時から開催された市議会支援本部会議に出席。現在の状況と近隣市議会の対応を確認し、宝塚市議会における取り組みについて協議しました。
 兵庫県では今朝までに西宮市、神戸市、福崎町、三田市、川西市、伊丹市、姫路市で計12人の感染が確認されており、いつ宝塚市で感染者が出てもおかしくない状況。私たちは5日間の予算特別委員会を乗り切って、予定どおり26日に本会議を開くため極力リスクを減らす必要があります。4月からの新年度予算を成立させるために。
 議会での感染を防ぐためにどうするか。感染者が出た場合は――。

 問題になったのは、なぜ今日の対策本部会議が各部からの報告どまりなのか。それもイベントの対応云々。県の指示待ち。フェーズごとの組織対応を決めておく、その指揮を執るのが本部長=市長の役目でしょう。
 すでに兵庫区役所の臨時職員が感染して役所は一時閉鎖、東京では保育士の感染で保育所が休園しているのに、「発生してから」考えるのかぁ!? 

 これらを議長から申し入れることにして、明日15時にまた支援本部会議が開かれます。

新型コロナ 市議会に危機対策支援本部 

2020年03月02日

 1日(日)に西宮市で新型コロナウィルス感染者の発生が確認されたことを受け、兵庫県は新型コロナ感染症危機対策本部を設置。宝塚市も危機対策本部を設置しました。
 市議会は2日(月)9時に会派代表者をメンバーとする危機対策支援本部を立ち上げ、午後17時から会議を開催。当局からの報告を受けた後、議会における感染防止対策と今後の議会運営について協議しました。

 近隣の市議会では、非常時の判断と現場対応に追われる執行部に協力するため、代表質問や一般質問の日程を短縮する動きも。うちは代表質問が終わっており、一般質問は(3月議会は)元々なし。そこで、開催中の常任委員会と11日からの予算特別委員会では、手洗いと咳エチケットを徹底、発熱など体調不良の場合は出席を控え、効率のよい運営に努めることに。傍聴の制限は行いません。
 4月11日の議会報告会は中止です。まだ先なのに・・・と思いますが、中止の場合に広報手段がないとの声が大きくて。

●学校園は3日~15日臨時休業
●保護者の就労や介護等のため家庭で過ごすことが困難な児童生徒(小1・2、特別支援学級の小3~6と中学生)は受け入れる(8時半~14時半)
●10日予定の中学校と養護学校の卒業式は17日に延期。すべての卒業式は簡略化して行う。来賓はPTAのみ
●保育施設は通常どおり
●地域児童育成会・放課後児童クラブは春休みと同じ(8時半~)。※こころん4カ所は17時まで
●児童館・子ども館は臨時休校期間の15日まで休館 ※相談事業と緊急時対応は実施
●ファミリーサポートセンター事業は通常どおり
●図書館や公民館は開館する。ただし児童生徒の利用は不可
●市主催のイベントは多くが延期または休止、15日以降は検討中
 詳細はHPでご確認ください。http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/

第43回『駅前議会』参加者アンケート その4

2020年02月25日

●ゴミ処理施設の寿命は解っていたのに準備を何故していなかったのか。ゴミ袋の有料化と同時に犬・猫を飼っている人に税金をかける。市の財政のチェックを市民としてもっと考えるべきだった。小学校等のトイレの洋式化。

●市民の声を代表質問につなげていただける機会をありがとうございます。今日もサンショウウオみつけました。

●市政の状況をいろいろな人の意見が聞けて良かった。市民一人一人の責任ということも考える必要がある。行政任せはいけない。

●原稿を読み上げるのではなく、参加者の顔を見ながらお話しされるようにお願いいたします。テーブルトークはもう少し皆様がお話しできますようにお願いします!!

●本日はありがとうございました。市民に潜在的にある諸問題について、改めて考えることの貴重な時間となりました。どうぞ私たちの意見が議会に届き、解決の糸口となりますようによろしくお願いいたします。

第43回『駅前議会』参加者アンケート その3

2020年02月25日

●社会福祉は現状でよい。増やさなくてよい。意味のない打ち合わせをしにきただけで、高額の時給が発生している。それよりもSC、臨床心理士(心理相議員)がほしい。どちらにしても「人」。よい人材の確保の工夫をお願いしたいです。
・国語力が必要(英語・プログラミング、小学校で本当に必要か疑問)。

●学校施設課関係の予算の使い方を工夫してほしい! 第一中学校の校舎の一部として、武鐘館(避難施設場所)を生徒の女子更衣室にも使用できるようにしてほしいです。

●市政報告の主な課題①②③④項目については大変勉強になりました。資料に基づいての説明を受け、テーブルトーク中の意見交換ができ、1人3分間の各々の持っている情報と提案による具体的な実態と報告を聞かせていただきました。日常生活や地域活動の中で生かせていけば良いのではないかと思いました。充実したひとときでした。今後も駅前議会の議員さん、市民と一緒になって討論討議したいと思います。

●初めて参加させていただきました。多様な問題や意見を聴き、課題が山積みで、どこから手をつけるというより根本の問題は何なのかと思いました。隙間だらけと感じました。これから積極的に意見を聴いていこうと思います。

●市の財政状況や今後の大きな支出具合を初めて知りました。特にごみ処理場の建設問題(建設費不足)のことは、もっと市民が知っておくべきだと思いました。ゴミ袋有料化は嬉しくないですが、必要なことだと思いました。ただしその費用はごみ処理場にのみ使うというものにしてほしい。桜井議員の話を聞いて、不法投棄が増えるかもは考えていませんでした。市民の意識や理解が浸透してからでないとできませんね。
・中山台の学校統合の件は、最適化方針が先にあるのであれば、地域にしっかりとそれを示した上で、理解を求めてほしい。計画年度は1年延ばしていいと思う。

第43回『駅前議会』参加者アンケート その2

2020年02月25日

●市民の人達の活発な意見を聞けてよかった。北野議員はじめみんなで一緒に考えていこうという姿勢で取り組まれていたので大変良いと思う。子どもの早期教育の弊害が指摘されている。子どもが遊べる環境づくり情操教育に力を入れるべき。あと家庭の教育力が低下してきている。母親の早期教育が必要。乳児からの子とのかかわりについて(子どもとの愛着形成基本的生活習慣などしつけの大切さなど)

●本日はありがとうございました。市民に潜在的にある諸問題について、あらためて考えることの貴重な時間となりました。どうぞ私たちの意見が議会に届き、諸問題課題について解決の糸口となりますようによろしくお願いいたします。

●市立宝塚病院に産科を復活はさせられないのか?
・宝塚市立文化芸術センターは何に利用すればよいのかわからない。中途半端な施設に思える。もっと詳しく説明が必要(宝塚は市営の施設が経営的に成功していない)。予算が少ないので有効に使ってほしい
・教育にはお金がかかるが、ソフト面をしっかり考えて予算の振り分けをしてほしい。
・外国人の受け入れの対応(学校の教師にまかされても対応しきれない)

●各自(出席者全員)の感想を一言ずつ聞いたらモット!モット!会が盛り上がって楽しくなると思います。自分は一言でも話ができましたので良い会だと思いました。公立国立大学を一校は欲しい。

●多くの方が参加されて活発な意見交換をすることができてとてもよかったです。テーブルトークの時などに、参加者の写真を撮っているのが気になりました。ひと言声をかけるとよいと思います。

第43回『駅前議会』参加者アンケート その1

2020年02月25日

●病院会計・入院収益減少の原因。外来0.9%増加は妥当か。市当局はどう考えているか。ゴミ袋の有料化を含めて真剣に考えるべき。市施設を廃止した後どのように活用するのか。具体的に。

●宝塚市立文化芸術センターの中味が見えていない

●現宝塚ホテル最後の思い出になりました! ありがとうございます。
●宝塚の町にもっと観光客を増やすために何か観光名所を作ればいいんじゃないかと思いました。
●宝塚の問題をとても身近に知ることができます。こんな問題が山積されていることをまざまざと見せつけられました。もっともっと声をあげて意見を言っていかないといけないと思います。

●もう少し時間がほしい。
●市政にかかわる貴重な機会だと思います。意識の高い市民の方が多いと感じました。
●非常によかった。この種の会合に初参加でした。

●足もと、市民の意見を聞いていただける機会でとても良かった。議会での質問よろしくお願いします。
●初参加です
●第43回継続に力をいただきました。

第43回『駅前議会』盛り上がる

2020年02月24日

 新型肺炎関連の報道をにらみながら、消毒薬とマスクを準備して『駅前議会』を開催したところ、川口議員と田中議員がデビュー、現・宝塚ホテルでは最後ということもあって、80名近くもの大盛況! 円形会場の円卓がみるみる埋まって、椅子や長机を追加する、うれしい誤算となりました。

 ほぼ毎年、3月議会が始まってすぐ、施政方針を読み解き予算のあらましをお伝えしてきましたが(昨年は北川正恭氏の講演)、今回は市政の動きを4点(公共施設保有量最適化方針、市立病院6億円赤字、中山台地区の学校統合、ごみ焼却施設の建替)ご報告し、皆さまと課題を共有することに。

 後半のトークタイムはどのテーブルも話が弾んでいました。ごみ焼却施設は本当に26年に稼働? 建設費用が250億円以上で基金が12億円?! ごみ袋有償化の賛否、学校がボロすぎ、学校IT化の遅れが心配、収益を生まない施設をなぜ今オープン? どうなる市立病院・・・。
 高校生からシニアまで、幅広い年代の方から聴かせていただいたお声を、私たちはしっかり受け止め、27日の代表質問、そして予算審査につなげてまいります。 

 外で聴いてくださった方、満席とみて帰られた方には申し訳なかったです。「言い足りなかった」「もう少し聞きたい」方は、いつでも市民ネット宝塚@0797-77-2114をお訪ねくださいね! 
 ご多忙中お越しいただいた矢野こうじ神戸市議、門隆志県議、中島かおり県議、伊丹市議時代からご参加の桜井周衆議院議員にも感謝申し上げます。

24日は第43回『駅前議会』へ

2020年02月16日

 昨年の改選後、新人の田中大志朗議員と川口潤議員を迎えて再スタートした市民ネット.宝塚が、1年ぶりに『駅前議会』を開催します。
 第43回となる今回は3月議会の真っ最中で、公共施設保有量最適化計画(ナチュールスパ売却、看護学校廃止ほか)、市立病院5億円赤字、中山五月台小・中山桜台小の統合、ごみ焼却施設の建て替え、4月にオープンする文化芸術センター&庭園等、重要課題をピックアップ。中川市長3期目最後の施政方針にも注目です。
 後半のトークタイムで、私たちと、また参加者同士、まちづくりを語りましょう! 皆さまのお声を代表質問・予算質疑につなげてまいります。
 
 現・宝塚ホテルでは最後の開催。ウエディングで人気のおしゃれな会場が取れました。万障繰り合わせの上ふるってご参加くださいネ!

●2月24日(月・振休)午後1時半~3時45分
●宝塚ホテル 西館9F「オーシェルの間」
●参加費500円(コーヒーブレイク)

申し込み不要。問い合わせは080・4013・8050(寺本)へ。

第1回定例市議会の始まりに

2020年02月14日

 第1回定例市議会(3月議会)は議場コンサートで幕が開けます。今年はソプラノ歌手・上山美弥子さんが出演。「早春賦」「どこかで春が」からシャンソン、オペラの定番曲、ミュージカル「キャッツ」の“メモリー”までおなじみの曲を楽しませていただきました。ピアノ伴奏は西岡知子さん。

 続いて本会議が開かれ、中川市長の施政方針演説を聴きました。今議会のおもな議案は各会計の当初予算のほか、給与制度の見直しや高度専門職の任期付採用、奨学金廃止、市営住宅の入居時の要件と明渡し時の負担の免除など。全42件。
 施政方針に対する会派の代表質問が26日・27日、議案(病院、上下水道の当初予算を含む)審査を28~3月9日の常任委員会で、一般会計・特別会計当初予算の審査を3月11~17日の予算特別委員会で行います。

 大きなプロジェクトも、目立った新規事業もなし(242万円の産後ケア事業が新聞の見出しになるくらい)。厳しい財政事情。決算で6億円近い赤字を出した市立病院の、予想を超える財政悪化に衝撃が走っています。

やっとPC本格使用 ☆請願・陳情は26日朝までに 

2020年02月10日

 14日から始まる第1回市議会定例会(3月議会)に向けて、議会運営委員会を開催しました。市長提出議案について副市長から説明を受け、会期と議事日程案について協議。予算特別委員会の会派ごとの枠も決めました。

 懸案だった、委員会室等におけるパソコン等の情報通信機器の使用については、ネット検索〇、メール送信×(職員は答弁に必要らしく〇)、SNSへの投稿×等々で合意。先日議会エリアにWi-Fiが整備されたところで、この定例会からパソコンが使用できるようにしたかったのです。
 宝塚市議会では他市に先駆けて2001年から全議員にパソコンが支給されていました。当初は会派控室用のデスクトップ型。03年に議員になった私はPC使用者の少なさに唖然としましたが、全国から視察が相次ぎました。わが会派が提案した委員会への私用パソコン持ち込みは認められたものの(なぜか要登録)、「通信」はダメ、要は筆記具代わりでした。
 その後改選を重ねるごとにサラリーマン出の議員が増え、IT化は議会改革の柱のひとつに。それでも足を引っ張る先輩がいたり、そもそも役所のペーパーレス化が遅れていたりで、タブレット導入を進める近隣市議会に水をあけられてしまい、ようやくここまで来たのでした。とりあえず、ホッ。

 続く会派代表者会では、当初予算の概要について当局から説明あり。
 3月議会で審査する請願・陳情の締め切りは2月26日(水)の議運まで。市民の皆さま、できれば前日までにご提出くださいね。

次ページへ

お知らせ

2020年05月27日

第3回宝塚市議会定例会(6月議会)が始まりました。
5月25日:本会議
  28日:総務常任委員会
  29日:文教生活常任委員会
6月1日:産業建設常任委員会
6月2日:総務常任委員会
  3日:文教生活常任委員会
  4日:産業建設常任委員会
  5日:本会議
  16日~17日 一般質問
  29日:本会議
新型コロナ感染症対策を実施中です。
  

2020年05月21日

・議会レポート52号の配布を再開します。
 ただ今54号を準備中(53号はダイジェスト版)
 ご購読いただける方はご連絡ください。
 郵送でお届けします。
      sanae-t@jttk.zaq.ne.jp
 

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ