活動報告

さらなる少人数学級の実現求めちゃダメ? ~文教生活常任委員会~

2021年06月14日

 「豊かな教育を実現するための義務教育費国庫負担制度の堅持を求める請願書」は、豊かな教育の創造をめざす宝塚市民会議と連合兵庫、宝塚市教職員組合から毎年提出されているもの。関係者の北野議員が文教委メンバーなので、私が代表紹介議員を務めています。
 請願の趣旨には今回、改正義務教育標準法の成立で小学校の学級編成標準が段階的に35人に引き下げられること、中学校・高校でも35人学級の実現が急がれること、コロナ対応や貧困・いじめ・不登校などの課題が山積、豊かな学びと働き方改革を実現するには加配の増員や少数職種の配置増など教職員定数の改善が不可欠であること等が書かれていました。
 請願の項目は、①さらなる少人数学級の実現や、教育条件整備のための財源措置 ②教育の機会均等と教育水準の維持向上を図るため義務教育費国庫負担制度を堅持することで、国への意見書提出を請願されています。

 文中の「国庫負担率が2006年に2分の1から3分の1に引き下げられた」について、公明党の委員から「国が副校長等を配置したことは書かず…」と、請願者が都合よく表現したかのように、また「昨年は35人学級の実現を求めておいて、実現したらさらに要求してくる」と、厚かましいと言わんばかりに批判されたのにはびっくり。さらに、紹介議員が不勉強で無責任となじられてしまいました(出たぁ!)※
 国庫負担率の引き下げの一文は事実の記載に過ぎず、学級編成標準の引き下げは40年ぶりで教育関係者の悲願だったこと、さらなる少人数学級の実現が、萩生田文科大臣も国会答弁で言及されたとおり、必要である旨を説明したのですが――。

 委員は、項目①はペケ、②のみ採択可とのご意見。宝塚市議会では全会一致でないと意見書をあげられないので、全部ボツになるよりはと他の委員もこれに同意し、請願第19号は一部採択となりました。
 口頭陳述をされた元校長の胸中を思うとやりきれません。※詳細は後日

お知らせ

2021年05月02日

5月1日から「市民ネット宝塚」は、北野聡子議員と寺本早苗の2人で活動することになりました。詳細は後日。
これからも皆さまのお声をしっかり受け止め、市政につないでまいります。

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ