活動報告

動植物の保全を求め県が指針

2020年03月13日

 兵庫県は10月に環境影響評価条例を改正して、5ha以上の太陽光発電施設を環境アセスの対象としました。日本一きびしい内容です。ところが、長尾山での事業計画は9.2haもの規模にも拘らず、3月31日まで経過措置期間のため”駆け込みセーフ”なのです。
 県は3月10日付で、森林伐採を伴う小規模太陽光発電所における自然環境調査ガイドラインを制定。工事着手前の調査実施を求める内容で、「動植物の保全」が初めて施設基準に盛り込まれました。これは、コミュニティひばりの皆さんが何度も県庁に足を運んで訴え続けられた成果といえます。
 今回の事業者にも県から指導が行われましたが、拘束力がないため事業者は聞き入れず、着工は目前――。
 
 宝塚市議会は過日「太陽光発電の適切な導入に向けた制度設計と運用を求める意見書」を経済産業大臣と環境大臣に送付しました。

  写真は、2月に「長尾のまち山を愛する市民の会」が開いた観察会で見つかったセトウチサンショウウオ(兵庫県レッドデータブックB種)。その後もタゴガエルなど希少な生物たちの棲息が次々に確認されています。
  #メガソーラーがやってくる!

お知らせ

2020年05月21日

・議会レポート52号の配布を再開します。
 ただ今54号を準備中(53号はダイジェスト版)
 ご購読いただける方はご連絡ください。
 郵送でお届けします。
      sanae-t@jttk.zaq.ne.jp
 

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ