活動報告

予算の質疑を「文書」で?

2020年03月10日

 宝塚市議会では昨日に引き続き危機対策支援本部会議を開いて、想定されるフェーズ別の対策について協議しました。

【フェーズ1】近隣市で患者発生が続く、宝塚市内で患者が発生
【フェーズ2】議員もしくはその家族に疑わしい症状(発熱、咳等)が発生
【フェーズ3】議員もしくはその家族において患者が発生(陽性と診断)
 
 フェーズ2で当該議員は出席不可、傍聴も不可。3に入ればすみやかに会議を休止し、濃厚接触者と判断されるものは約2週間の自宅待機です。会期内で議案の処理が不可能になることが想定されるため、このフェーズに入る前に対策を講じておく必要あり。ということで、さて、明日からの予算特別委員会をどうするか――。

 中野議長から提案されたのは、通常4日間で行う費目ごとの質疑を「文書質問」に代え、総括質疑の代わりに最終日の本会議で質疑を行うこと。委員会で「集まり」「話し」、何十人もの職員を控室で待機させるのを避けるためです。
 予算審査は、一年間の行政サービスの内容をチェックして新年度予算を確定する、議会の最も重要な仕事です。事業の必要性を議論し、場合によっては修正や否決もします。それを、「クラスターの発生を防ぐため」とはいえ、文書で済ませるのはいかがなものか。予算委員会委員長の提案どおり、入室者と待機者をできるだけ少なくする運営上の工夫で足るはずだ、と私は強く主張しました。
 文書質問というイレギュラーな方法を取ることに執心する意見も引かず、あとは予算委員会で判断することになっています。
 新型コロナウイルスは空気感染ではなく飛沫感染。フェーズ1や2で委員会を開かないなら、そもそもこのフェーズ分けは何のため? 

 兵庫県の感染者は、神戸市内の認定こども園に勤務する女性などが加わって計18名に。県からの指示で学校休業期間は25日まで延長、このまま春休みに突入です。

お知らせ

2020年05月21日

・議会レポート52号の配布を再開します。
 ただ今54号を準備中(53号はダイジェスト版)
 ご購読いただける方はご連絡ください。
 郵送でお届けします。
      sanae-t@jttk.zaq.ne.jp
 

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ