活動報告

地域コミュニティと防災力

2019年08月24日

 川面地区自主防災会は、阪神淡路大震災で壊滅的な被害を受けた川面地区で、地域に伝わる「だんじり」のつながりを基に平成8年3月31日結成されました。自主防災組織としては市内第1号。「街道沿いの倒壊家屋14軒から人を救出しようと無我夢中でした。機材もなく、手作業で…」と語るのは、立ち上げメンバーの今利隆三さん。自主防災会は、だんじり3基に象徴される川面東・南・西の3分会で編成され、確かな組織力と継続性が強みです。一方で、宝小コミュニティ全域をカバーするのは困難という現実の課題も。地元の私にはよくわかります。(発災時の対応は)やっぱり自治会だろう、という声が上がりました。

 私の会派の大先輩、小山哲史・元市議が代表を務める(特活)宝塚地域活力推進協議会で、地域コミュニティと防災力について考えました。本市の財政問題、議会の責任についても言及されました。  *写真は翌25日の訓練

お知らせ

2020年05月21日

・議会レポート52号の配布を再開します。
 ただ今54号を準備中(53号はダイジェスト版)
 ご購読いただける方はご連絡ください。
 郵送でお届けします。
      sanae-t@jttk.zaq.ne.jp
 

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ