活動報告

大晦日のわらわら

2021年12月31日

帰省の日は朝から気ばかり急く。夏は市役所へ行くより軽装の私も、冬は大雪で特急が何度も停まって半日車内で過ごす羽目になったことがあって、以来それなりの装備で出かけている。
今日も片づけものをしながら、サンドイッチを作って、おやつや読みもの、PC一式とお泊りグッズの支度でてんやわんや。年内にアップしたい記事が山ほどあるが、目をつぶる。年賀状はとっくに諦めた。
“極暖”着込んで、とにかく15時半に宝塚駅だ。

お留守番を察知したまめしばQ太郎が私のあとをついてまわる。先月はペットホテルに連れていく時間がなくなって、泣く泣く置いていったが、今回はホテルの開く3ガ日明けまで預けておくのが心配かつ負担で。
「夜と明日の朝の2回分ね」。フードを山盛りにしたら(前の子)くるみはひと口も食べずにしょんぼりしていたが、Qはその場で一気食いしてしまった。 

そうこうするうちに15時になって、出ようとしたら変な音がした。振り返るとリビングのど真ん中でQがしょんしょんしてるじゃないーーOMG!
そんなわけで、17時33分発に繰り下げ決定。着くのは22時前になる。県内とはいえ但馬は遠いのだ。先に帰省している夫のため息が聞こえてくる。

2時間後、駅で私を待っていたのがこれ。特急こうのとりは福知山止まりになっていた。その足で閉店間際の阪急に駆け込んで、ノープランであれこれ購入。とんだ空まわりの末、うちで「紅白」観ながら年を越します。

消防団年末特別火災警戒活動出発式へ

2021年12月29日

今年最後の公務は消防団年末特別火災警戒活動出発式でした。午後8時から西谷ふれあい夢プラザ駐車場に消防団本部と10分団が集結。わがまちの火災警戒に向かう団員の皆さんに、市長・議長、議員有志でお礼と激励の気持ちをお伝えし、お見送りしてきました。

市役所からマイクロバスで40分。山林に囲まれた北部〈西谷〉地域は、南北15㎞×東西5㎞の農村地帯で、面積こそ市域102㎢の4分の3を占めていますが、人口は約2400人(市全体の1%)に減少。消防団もひとつの分団が十数人になってしまい、年齢の上限を廃止し、消防車両や資機材の性能アップで対応しているとか。初期消火も災害時の初期対応も消防団にかかっています。

昨年末はコロナの感染拡大防止のため中止されたので2年ぶり。特有の冷え込みもなく、真っ暗な中に家々の灯りが浮かび上がるのを眺めながら帰ってきました。

団員の皆さまも家族団らんのよいお正月を迎えられますように――。

どうなる宝塚大橋 その14☆ アンケート

2021年12月28日

宝塚南口駅から大劇場や手塚治虫記念館、アーツセンターへと誘う夢の橋――。宝塚大橋はその昔、全国でも珍しい「橋上公園」(ガーデンブリッジ)として整備された美しい橋ですが、県の耐震工事を機に、私たちの知らないうちに、大きく姿を変えようとしていました。コンセプトもです。

6月に「オブジェと緑を残して」と19団体が県市に訴えた結果、県と市でデザインを考えることに。それに向けて有識者や市民にひろくアイデアや意見が募集されます。
宝塚の象徴で、観光プロムナードの「顔」である宝塚大橋が安全で、すてきな橋であり続けられるよう、宝塚市民は必見、宝塚にご縁のある方、ヅカファンの方もぜひ! ご回答ください。
期間は12月27日~1月17日。https://www.city.takarazuka.hyogo.jp/.../100.../1044509.html 
入力はコチラから
https://jp.surveymonkey.com/r/KR3YRVQ

寺本さなえの活動報告「どうなる宝塚大橋」シリーズその1~13もご覧ください。
https://www.teramoto-sanae.net/

Harry&Marieの世界

2021年12月28日

Harry&Marieの世界

年忘れ★まちづくり茶論

2021年12月27日

お久しぶり。コロナの2年間どうしてた? いろんな場面で寺本さなえを支えてくれる仲間たちとささやかな集まりをもちました。

地域に根差したアート活動のうれしい評価。コロナ禍でも行事を止めなかった学校。疲弊する教育現場。健康不安。活動スタイルの変更etc。宝塚大橋問題や防犯上の課題、子育て世帯への臨時特別給付金の支給のあり方、福祉行政、新しい市長はどう? といった話題で盛り上がる、盛り上がる…。
2021年は市長選、県知事選、県議補選、衆議院選と続いて、無党派は無党派で都度判断を迫られました。ここには〇新ファンもいればアンチもいて、たまにヒートアップしますが(笑)、私自身の思い込みを捨て、新たな気づきを得るためにもこういう場は本当に大切です。

持ち寄りの(美味しく)楽しい回になりましたが、いただいた宿題は忘れずに、年明けからしっかり取り組んでまいります。
なお、事務所では撮影タイムだけノーマスクで寄りましたが、テーブルは丸と角の3卓、椅子も離して配置。旧式エアコンをフル稼働しながら換気と対策はバッチリです、念のため(^_-)-☆

国際交流協会の皆さんと

2021年12月20日

(特活)宝塚市国際交流協会(TIFA)の加藤理事長以下6名のみなさまが宝塚市議会を訪問され、私も国際交流議員連盟メンバーとして懇談の場に出席しました。昨年はコロナのため中止されたので2年ぶり。
皆さんからは協会の取り組みと課題について、外国人市民への情報発信、通院やワクチン接種・3歳児検診等への付き添い、技能実習生や外国人労働者の現状、日本語学習支援の様子などをうかがいました。市議6名も質問したり、思いを述べたり、活発な意見交換を行いました。

実は、長らくTIFAの広報委員会で機関誌の編集やイベントに関わっている私。今日の話のほとんどが行政課題、つまり議会マターですし、TIFAの活動についても理解を深める機会になってよかったと思います。

化学物質過敏症と「香害」対策 ~寺本さなえの一般質問その1~

2021年12月10日

柔軟剤などの香り成分やたばこ、農薬などに含まれる化学物質に反応して、激しい頭痛やめまい、吐き気などを引き起こす化学物質過敏症(CS)。体内にたまった化学物質が許容量を超えると発症し、その後は微量の化学物質にさらされても症状が出るようになって、日常生活や就業・就労などに深刻な影響を及ぼすようになります。国内の患者は約100万人、また疑いの強い人が成人の約6%、予備軍を含めると約8.5%存在するとか。
以前は「シックハウス」のように建材や家具などに使われるホルムアルデヒドや揮発性有機化合物が原因となる事例が多かったのに対し、最近では、柔軟剤や消臭除菌スプレー、制汗剤、芳香剤など身のまわりの「香り」製品が引き金になって発症する人が増えています。

私が最初にこの問題を取り上げたのは2008年。本市は直ちに公共施設に香料自粛のポスターを掲示し、学校園も保護者らに呼びかけてきました。この夏、ようやく消費者庁・文部科学省・厚生労働省、経済産業省、環境省の5省庁が連名で、香害の周知と香り製品の自粛を呼びかけるポスターを作成・配布したのを機に、メディアが続々と取り上げ始めています。

そこで、「香害」やCSに苦しむ市民の実態をどう把握しているか。学校園や市立病院、庁舎等公共施設における香料自粛の取り組み状況と、理解促進に向けた積極的な発信について、あらためて当局の姿勢を質すことに――。

13年間どう取り組んできたのか、です。
★公共施設における化学物質過敏症対策
https://www.teramoto-sanae.net/houkoku.cfm?id=2132

重複質問について

2021年12月06日

今回一般質問で取り上げる「化学物質過敏症と“香害”対策」の一部が川口議員と重複する件について。

まず、複数の議員が同じテーマで質問することはよくあることで、禁止するルールはありません。ただ、市民の目から見れば「なぜ同じ質問をするのか」と思われるでしょうし、実際に「同じ質問と答弁を繰り返すのは時間のムダ」と度々指摘されてきました。議会によっては同じ質問を行わないよう調整しているところもあって、私自身それを提案したこともあります。
数年前から順番が後になる質問者には「〇〇議員にお答えしたとおりです」と答弁を省略するようにした結果、まったく同じ質問は減ってきました。

わが市民ネット宝塚では、お粗末なことにならないよう事前に質問を調整してきました。私自身、「敢えて」質問をかぶせる以外は重複を避け、また他人が半年以内におこなった質問も(意味がないし、カッコ悪いので)しないよう努めてきたのですがーー。
今回、私が週明けに自宅からメールで通告したため、川口議員の通告書をチェックし得なかったのです。半年前まで同じ会派にいた後輩なので、ちとカッコ悪!^^; 事前に聞けていれば何とかしたのですが、職員たちに気を使わせてしまって申し訳ない。

化学物質過敏症を取り上げるのは、仁川小で起きたシックスクールを取り上げた2008年(香料自粛もこの回)から8回目。ふたりで重複を最小にとどめながら取組の充実を求めていきます。

一般質問☆10日朝イチに登壇します

2021年12月02日

12月8日~10日に一般質問が行われます。今回もコロナ感染対策として「50分以内」と決まったので、寺本さなえは以下2項目に絞ることに。

【質問事項1】化学物質過敏症と「香害」対策について
 1「香害」や化学物質過敏症に苦しむ市民の実態把握について
 2.学校園や市立病院、庁舎等公共施設における香料自粛の啓発について
 3.「香害」・化学物質過敏症への理解促進に向け、積極的な発信を

【質問事項2】 人とペットの災害対策について
 1.「ペット同行避難の原則」に対する啓発と受入状況について
 2. ペット同行訓練の実施状況と課題について
 3. 修正された防災基本計画に基づいて、指定避難所におけるペットのための避難スペースの確保、地元獣医師会等との連携を進めることについて
 4. 同行避難・在宅避難等に必要な情報発信と「ペット防災手帳」の発行を
 5.ペット避難に関するゴルフ場との災害時協定について

いずれも思いの深いテーマで、2017年9月に同時に!取り上げていました。
一般質問を行う議員は22人中21人。寺本さなえは10日(金)9時30分~10時20分に登壇します。ぜひ傍聴にお越しください。
ネット中継でもご覧いただけます。

◆宝塚市議会
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/gikai/
◆一般質問一覧表
https://www.city.takarazuka.hyogo.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/009/412/202112.pdf
◆インターネット中継
https://smart.discussvision.net/smart/tenant/takarazuka/WebView/rd/council_1.html
 

第3回都市計画審議会

2021年12月01日

第3回都市計画審議会

「啓蒙」はアカン「父兄」もペケ

2021年11月22日

文教生活常任委員会をネットで視聴中、若い議員が「啓蒙」という言葉を繰り返し使用するのが気になって苛々レベルに達したところで、北野委員が不適切と指摘し、委員長に文言整理を求めました。ああ、スッキリ。
「啓蒙」とは「無知蒙昧の民に教え啓(ひら)くこと」。役所がお上だった時代の、おそろしく「上から目線」の言葉です。当の委員はただ「啓発」の意味で使っていたのでしょう。この人だけではありません。

同様に、議会でちょくちょく耳にするのが「父兄」。現役保護者にはとっくに死語です。差別用語や人を傷つけかねない発言にはその場で「議事進行」をかけ撤回や削除を求めてきた私たちですが、ギリギリアウトなジェンダー系は後で本人に注意してすませることも。
公の場で女性議員に下の名前で「〇〇ちゃん」はペケやで、など。

意地悪、言葉狩りなどと思わないでいただきたい。役所の用語をチェックすべき議会で、時代錯誤の不見識な言葉が飛び交うことのないよう引き締めているだけなのです。

ペット同行避難を考える

2021年11月20日

宝塚防災リーダーの会11月定例会で、ペット同行避難について勉強する機会がありました。講師は、兵庫県動物愛護センター(尼崎)事業課長の久本千絵氏。
熊本地震などでクローズアップされたペット連れ避難の問題。自宅から避難する際、国はペットを連れて避難所へ行くことを推奨しています。ペットの9割は犬と猫。7割の家庭がペットを飼っておらず、苦手な人やアレルギーをもつ人も。避難所の運営者によって必ずしも受入れ可能とは限りません。

そもそも、なぜ同行避難なのか。「犬・猫も家族。置いていけない」と避難しない道を選択する人が少なくない今、人の命や健康にかかる問題であることはもちろん、取り残されたペットが野犬(猫)化するなど、生活環境の悪化が予想されているからなのですが・・・。
避難所のペット用スペースやアレルギーへの配慮のほか、飼い主のペット災害対策(マナーとしつけ=基礎服従訓練、ワクチン接種、ノミダニ駆除、投薬などの健康管理、逃走防止対策)、ペット用備蓄など、ふだんから「備えて」おくべきことがいろいろ。また、学校がアレルギーを理由に教室の使用に消極的と聞くと、理解不足もありそうです。宝塚市が2016年に市内のゴルフ場とペット同伴避難の協定を締結したまま、道筋もルールもできていないのを思い出しました。

オープンスクールにて

2021年11月02日

御殿山中学校のオープンスクールへ。コロナ禍で卒・入学式も体育大会も来賓はご遠慮…というわけで、かれこれ2年近く学校へは足を踏み入れていません。
この間にタブレットを使った授業が開始。今日初めて観ました。Teamsでの会議や接続実験も行われているようです。廊下の展示物は目を見張る充実ぶりで、3年生は修学旅行で出かけた岩国・大久野島レポート、2年生はトライやる新聞(2日間になって、運営スタイルも私たちの頃とは違っていそう)、1年生はオリ・パラについてまとめたものが総合学習の時間に制作されていました。
自由研究のテーマも、オオサンショウウオや胞子といったオーソドックスなものから、SDGsやパルスオキシメーターなどのトレンディなもの、ダイラタンシー現象??まで、実に多彩で、興味津々。武道場からは竹刀の当たる音・・・やりたいなぁ。

せっかくの機会なので、校長先生や介助員さんとお話ししたり、トイレや図書室などを見てまわったりして、久しぶりに学校の様子をうかがい知ることができました。
いじめ問題や教職員の不祥事、コロナ対応などに対する学校や教育委員会へのきびしい批判が相次ぐ昨今ですが、現場のがんばりと成果もしっかり見ておきたい。子どもたちの表情や校舎全体に流れる空気から読み取れることは多いと思うのです。

旧松本邸 秋の一般公開

2021年11月01日

午後から北野議員と国登録有形文化財「旧松本邸」(桜ガ丘)へ。木立に囲まれて建つ薄緑色の洋館は、神戸の貿易商・土井内蔵(くら)氏の本宅として、昭和12年(1937年)に建てられました。設計を手がけたのは氏の甥にあたるアメリカ帰りの建築家・川崎忍氏。シャンデリアと暖炉のある応接間、真紅のカーテン、食洗器をビルトインしたモダンなキッチン、大理石のお風呂、庭の隅にはワインセラーと防空壕・・・。古き良き昭和の時代にここでどんな暮らしが営まれていたのでしょう。

故・松本安弘氏(土井氏の娘婿)の遺言によって宝塚市に寄贈されたのは平成13年(2001年)のこと。17年に国登録有形文化財に登録、21年にひょうごの近代住宅100選に選定されました。雑誌の撮影や映画「火垂るの墓」の撮影にも使用され、最近では年2回の一般公開にたくさんの洋館ファンが訪れるようになっています。

春の公開はコロナで中止されたので、ここへ来るのは1年ぶり。歴史的建築物に詳しい歌人の伯爵こと北夙川不可士さん(一般社団法人宝塚まち遊び委員会)のガイダンスで館内めぐりを楽しんできました。
※一般公開は7日(日)まで。

6日のオンライン議会報告会に向けて

2021年11月01日

週末6日(土)に開催するオンライン議会報告会で、広報広聴委員の私が司会進行を務めることになっています。けさはその準備で、中野委員長と寺本、議事調査課の担当者が会議室に集合。Zoomの基本操作と運営ルール、当日の流れなどを確認しました。

コロナ禍でオンラインの講演会や学習会に参加する機会が劇的に増え、そこそこ慣れているつもりでしたが、いざ運営するとなるとデータの画面共有からビデオやミュートのON/OFF、だれに発言してもらうかなど、リアル(対面)とは違った目配りが必要です。しかも、議員もリモートで参加するので何かと勝手が違って・・・汗

オンラインで実施するのは4回目。これまでは3つの常任委員会の審査状況をご報告し、事前にいただいた質問に回答する形で、「報告を聞かないと質問なんかできないよ」と言われればごもっとも。そこで今回は、時間に余裕があれば、その場で質問をしてもらえることにしています。
6日(土)10時~正午。参加申し込みは4日(金)まで。ご都合のつく方はぜひご参加くださいね!
https://www.city.takarazuka.hyogo.jp/gikai/gikaikoho/1039478.html

●申し込み
https://www.e-hyogo.elg-front.jp/hyogo/uketsuke/form.do?acs=20211106takarazukasionlinegikaihoukokuka
i

●問い合わせ 宝塚市議会議事調査課 0797‐77-2168      

第6回コウノトリ未来・国際かいぎ 2日目

2021年10月31日

豊岡市

第6回コウノトリ未来・国際かいぎ

2021年10月30日

豊岡市

決算特別委員会

2021年10月28日

総括質疑

決算特別委員会

2021年10月26日

4日目

自治体環境基本計画の実践☆学習指導要領に見る戦後教育の変遷 ~第121回近畿市民派交流学習会~

2021年10月21日

第1部「カーボンニュートラルに向けた自治体環境基本計画の実践」の講師は、元大阪みどり公社職員の末田一秀氏。自治体環境基本計画は地球温暖化対策推進法に基づく対策計画の策定と、その計画に示される再生可能エネルギーの利用に関する目標値についての確認が必要、とのアドバイスがありました。また、泉大津市のように市民協働による「実行計画協議会」で市民と将来像イメージを共有することが大切とも。

第2部は「学習指導要領に見る戦後教育の変遷」、元文部科学省次官の前川喜平氏です。戦後の学習指導要領の変遷と、さまざまな裁判事例をもとに「指導要領の一言一句が法規としての効力を有するものではない」という最高裁の確定判決が今も継承されていることを学びました。指導要領至上主義はまちがい。とのお墨付きがいただけてよかったです。

私の小学生時代は、標準授業時数が小1~中3で年間トータル9356時間で、戦後最大だったとか。多すぎた?反省から「ゆとり教育」時代は8307時間、今は8830時間。「ゆとり世代は学力が低い」といわれますが、実際は2012年のPISA順位は34か国中数学が2位、科学が1位、読解力が1位! “ゆとりコンプレックス”の真っ只中にいたわが子に伝えてやりたかった。

残念なことに、その読解力はゆとりが終わるとどんどん低下。「読解力がないと、嘘を見抜くことができない主権者になる」と前川氏は危惧します。憲法で保障されている「学問の自由」の大切さ。教育ではなく学習の大切さ。子どもたちは教育される存在ではなく学ぶ存在――。
うなずけることだらけの(古巣へもチクリ!)有意義な学習会でした。

次ページへ

お知らせ

2024年01月02日

能登半島地震で被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。
避難中の方々の安全とご健康をお祈りするとともに、一日も早い暮らしの再建とまちの復旧復興を願っております。

2024年01月01日

明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
          令和6年 元旦

2023年12月31日

2023年の活動報告を更新中です。

2023年12月10日

12月議会の一般質問が始まります。
13日~18日の4日間、26人中(正副議長を除く)24人の議員が登壇。寺本さなえは18日(月)10時30分~11時30分。ぜひ傍聴にお越しください。
ネット中継もご覧いただけます。
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/gikai/ 

2023年04月25日

4月23日に行われた宝塚市議会議員選挙で、寺本さなえは6期目当選を果たすことができました。
得票数2,441(定員26名中8位)。皆さまからのご信頼にお応えすべく力の限りを尽くしてまいります。

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ