活動報告

新市長に山崎晴恵さん  ~宝塚市長選挙その5~

2021年04月12日

 昨夜11時台半ばに山崎晴恵さんの当選が確定しました。
山崎晴恵(無・新)28885票
門 隆志(維・新)27242票
森脇保仁(無・新)16880票
末永弥生(無・新) 7650票

 「中川市政の継承」をアピールして、共産・社民・立憲が選挙を支えた山崎さん。「宝塚を前に進める」と訴えた維新の門さんは1643票の僅差で及ばず。自民党のベテラン県議森脇さんが沈みました。
 前日に関係者から、森脇VS山崎の戦いと聞いていたのでびっくりです。

 投票率は42.56%。前回39.04%より若干アップしたものの、有権者の半数以下。大きな節目の市長選にしては盛り上がらない選挙でした。私には、政党関係者だけがアツくなって、一般市民は無関心というより「わからない」、背景がわかる人には「選べない」選挙だったように思えます。
 エフエム宝塚の開票速報番組で、おなじみの田辺眞人先生(園田学園女子大学名誉教授)が新しい市長と議会の関係にふれ、対立せずに市民のためのよい政治をと願っておられたのが心に残りました。

 「事業を見直し、新たな産業を生み出し財源を確保する」と山崎さん。お手並み拝見です。
 *早朝のわが家より

フェイクニュース発言の責任 ~宝塚市長選その4~

2021年04月07日

 「宝塚市の財政力指数は兵庫県下で4番目に高い」ので「財政破綻するというのはフェイクニュース」という山崎はるえさんの主張にドン引き。市議会が全否定された気になったのは私だけではないでしょう。

 令和2年3月の財政見通しで、今後5年間で約65億円の収支不足が判明。行革の取組効果を約27億円とみても、38億円近くの収支不足に陥る状況をふまえて、市は行財政経営戦力本部を発足しました。議会も先の12月議会で行財政経営に関する特別委員会を設置しています。
 公共施設・インフラ設備の更新が先送りされて老朽化。ごみ処理施設の建替え費用は約250億円の予定が300億円越え。公共施設等整備基金はわずか17億円しか積めていません。市立病院の赤字も深刻…。それでもなんとか破綻しないよう、当局は「上乗せ・横出し」事業を令和5年に現在の30%、市単独事業は50%まで削減する方針で、私たちもいろんな意味で危機感を募らせています。

 それを、中川市長の後継として立候補する人が「フェイクニュース」と書いてしまった。市民に「宝塚市にはまだまだゆとりがあるんですよ」と。後援会が勝手に書いた、ではすまされません。
 財政力指数が高いのは市民の担税能力が高いから。それなのに貯金が少なく、道路や施設がボロボロなことが問題なのです。

財政と“忖度”組織の立て直しなるか ~宝塚市長選3~

2021年04月05日

 やっぱりもう1期やる気だーー。中川市長の言動の端々から庁内ではそう見られていました。一方で、行革が不可避の今、財政を悪化させた本人が自分で市民に負担をお願いできるか? と首をかしげる職員も。
 気にいらないとすぐ感情的になって、人事権をちらつかせるボスに幹部職員たちは委縮してもの言えず、忖度が当たり前になっていった宝塚市役所(国とまったく同じです)。市民の目には親しみやすく心優しい市長さんと映っていたでしょうが、中川市長には別の顔があることを議員は(新人以外)みんな知っています。

 急がれるのは、財政と組織風土の立て直し。「即戦力」の行政出身者をトップにという声は、議員間では前々からありました。そのために、政治家は出ない。大政奉還です。今度こそ党派を超えて推せる人材を省庁から迎えようという話に、私も期待していたのです。

 ところが、いわゆる左派の中川市政が3期も続いた宝塚市は国県の関係者には不人気で、引き受け手が見つからない。そうこうするうちに中川市長が12月議会初日に不出馬を宣言(びっくり!)、自らの後継に女性弁護士を選び、自民党の県会議員と財政危機を訴える一市民が立候補を表明。日本維新の会も候補者を立てることになって、一時はともに官僚市長を望んだ現職県議が最後に名乗りをあげました。

しがらみの構図    ~宝塚市長選その2~

2021年04月04日

 宝塚市長選が始まりました。立候補を届け出たのは予定どおり4人。
・森脇保仁氏(68) 自民党推薦・兵庫県議(5期)
・山崎晴恵氏(51) 無所属・弁護士
・末永弥生氏(54) 無所属・主婦
・門 隆志氏(54) 日本維新の会公認・兵庫県議(2期)

 市議選では、政党に公認されると選挙資金が提供されたり、有利な活動ができたりとメリットが多いため、政党から出たがる人が増えていますが、首長選では無党派層を取り込んで多くの支持を集めやすいよう、政党人でも「無所属」で出馬することが多いのです。
 でも、離党しない限り、選挙で神輿を担ぐのも、当選後の関わりも政党メーン。また、公認・推薦がなくても、特定の政党や団体と政策協定の類が結ばれている場合もあって、必ずしも無所属=しがらみなしとは言えません。

 具体的には、森脇氏は看板どおり自民党。中川市長の後継・山崎氏には共産党・社民党・立憲民主党がガッツリ、中川智子市長の後援会がそのままスライドした後援会もついていますが、ご本人は「完全無所属」をアピール。戦略なのか“信念”なのかがわかりません。
 門氏は無所属での出馬を望んだと聞いていますが、知事選の前哨戦となる選挙でもあり党の意向で公認へ。末永氏は正真正銘の無所属で、自治会などの後ろ盾もなさそうです。

 ポスターが貼り出された今日は「誰やこれ?」「顔写真に有効期限がないのはアカン!」との話題でもちきり。私は毎回撮り直していますけど^^;

課題認識・政策・経験  ~宝塚市長選その1~

2021年04月03日

 「誰に入れたらいいのかわからない」。4人の立候補予定者が一般市民にはそれほど知られていないからでしょう。実は、私も県議の2人以外は存じ上げず。そこで急きょ湯本町の事務所で「まちづくり茶論」を開いて、情報を持ち寄ることにしました。
 集まったのは5人、後から1人。討議資料やビラなどを見比べ、エフエム宝塚の特別番組(14日)と自治会ネットワーク会議主催の意見交換会(27日)を視聴して考えたことなどを、3つのポイントで議論しました。
 市政課題の認識は十分か。具体的な政策があるか。社会経験は十分か。

 私たち市議会議員は住民の代表で、選挙権がないと立候補できません(市内居住が要件)が、市長は必ずしも市民である必要はありません。ただ、まちの歴史や課題をある程度は知っておいてもらわないと困ります。
 政策は市民との約束事。重点政策を具体的に示してほしい。また、2000人の職員を統括し、市議会と対峙し、官公庁や企業等から認められないといけないので、それなりの社会経験は不可欠でしょう。

 そして、気になるのはそれぞれのバックーーしがらみの構図です。

左耳の不調につき その6☆ めまい発作

2021年03月19日

 恐れていた「ぐるぐるめまい」が起きてしまいました。「天井が回る」と聞いていましたが、回転系のアトラクションに乗って加速されたような感じで、悪寒、冷や汗、嘔吐の3点セット付き。気がつくと、ソファに横たわったまま2時間半もたっていました。
 今日は定例会最終日。体が冷え切って、死人みたいな顏のまま、タクシーを呼んで市役所へ。五十日が祝日と重なる前日のためか道はことごとく渋滞。やっとの思いで到着すると、庁舎の玄関で議会事務局の職員が車いすを用意して待っていてくれました。

 私が議場に入った時は、常任委員会付託議案の採決が終わって予算特別委員会の委員長報告が始まるところでした。教育委員の任命同意議案への賛成討論をしたかった。とても無念です。1票差で逆転する議案がなかったのは救いでした。
 メニエール病の入り口で持ち直していたつもりが、今月に入って難聴や浮動感などの症状が再発。用心しながら、所属以外の委員会も全て傍聴(ネット中継)してきただけに、肝心な時に穴を開けてしまって悔しいやら情けないやら――痛恨の極みです。

テキスタイルの未来形2021in宝塚

2021年03月07日

 市立文化芸術センターで始まった「テキスタイルの未来形in宝塚2021」へ。開館前の議会総会で例示されたときから楽しみにしていたのです。
 イメージしていた、おしゃれな布が吊ってあったり、トルソーが並んでいたりするのと全然違う! でこぼこや3Dの布地あり、オブジェあり。テキスタイル教育の最前線にいる教育者であり作家である作者100人の作品を通じて、多種多様なテキスタイルの技法や表現の豊かさ、繊維のもつ魅力を伝える展覧会と聞くと、クオリティの高さもうなずけます。
 日曜日の昼下がり、親子連れが次々にやってきて楽しんでいました。
 
 日本テキスタイルカウンシル(JTC)の会員による展覧会で、2005年・大阪での初開催から関西では2度目とか。メーンギャラリーからキューブホール、サブギャラリーまでフルに使った展示で、見どころいっぱい。これが入場無料とは驚きです。3月28日(日)まで。

 今週は自分の所属委員会だけ出席。他の委員会はネット中継で視たり、オンライン研修に参加したりで自宅療養中でした。耳と一緒に気持ちまで塞ぎ込んでしまわないよう、そろっと春風に吹かれてこよう♪

左耳の不調につき その5☆ 「耳の日」のお願い

2021年03月03日

 巣ごもり生活ひと月半、復帰してほぼひと月。ようやくいつものペースに戻れて機嫌よくしていたところ、数日前から症状が出てきてしまいました。
 週明けすぐに耳鼻科へ。検査の結果、左耳の聴力はほぼ回復していたのに、今度は右耳が悪くなっていました。再発も進行も覚悟していましたが、これは思ってもみなかった。ショックです。
 テレビを片耳ずつ塞いで視聴すると、右耳では人がしゃべっている内容がほとんど聞き取れません。先週は映画もコンサート(調子の悪いときはソプラノがしんどいです)も楽しめていたのになぁ。

 低音感音障害型難聴は、耳鳴りや塞耳感を伴うほか平衡感覚もおかしくなります。メニエール病は「ぐるぐるめまい」が加わって、仕事を含むQOLに影響します。骨折や△△炎の類と違って周囲の理解を得にくいのもつらいところ。なので、

 少しでも聴こえがおかしいと感じたら「即」耳鼻科を受診してください。回復は時間勝負! 週末ではなく今日。私の左耳は12年前それで命拾いしました。ご家族や職場の誰かが耳の不調をつぶやいたときは、仕事を中断してでも行かせてあげてくださいね。
        #耳の日    タイトルは「左耳」のまま・苦笑

PRISON CiRCLE  

2021年02月28日

坂本香監督と

柴田知佳子さん「赤艸賞」受賞

2021年02月27日

 宝塚市の美術作家・柴田知佳子さんが、第一線で活躍する女性画家をたたえる「亀高文子記念-赤艸賞」2020度受賞者に選ばれました。柴田さんは「宝塚現代美術てん・てん」のレギュラーメンバーで、私たちはダイナミックで半端なく力強い作品を毎年間近で見てきたのです。東京やNYでの活躍ぶりも聞いていました。

 おめでとうございます!! 「柴田画伯」が愛称じゃなくなってきたね。私まで誇らしい気分です。

 同賞の歴代受賞者の作品展が、3月5日~14日、兵庫県民会館2F大展示室で開催されます。赤艸賞授賞式は11日。
 *写真は11月に大阪のギャラリーで開かれた個展で私がとても惹かれた作品。壁いっぱいの大作です

交流会議

2021年02月23日

交流会議

公会計が自治体を変える!(続き)~第118回近畿市民派議員交流・学習会 

2021年02月21日

 第2部はグループ討議で、各市の実情が出るわ、出るわ。グループごとの報告に宮澤先生から、減債基金の有用性(吹田市◎)、公共施設の更新のための基金条例(金額を明示して積み立てる西宮市◎)、公共施設等総合管理計画の見直しで留意すべき点、固定資産台帳を整備する重要性などについてコメントいただきました。
 宝塚市公共施設等整備保全基金条例は1975年、今日の16市の中では最も早い時期の制定で、2008年に改正されています。が、「昭和から基金はあれどお金たまらず」――問題は、現在3億8500万円しか残っていないこと。お隣の西宮市では毎年最低6億円が積まれていますし、基金を設けていなくても着々と更新してきた市もあります。

 市長を見た目や耳障りのよい政策で選ばないこと。市長選で住民に痛みを伴う取り組みこそしっかり説明されるべきとのお話も(大きくうなずいていたのが私とA市の議員でした)。習志野市はそれで後の取り組みが成功しているそうです。
 とてもタイムリー且つ実のある内容で、3時間45分があっという間でした。 

公会計が自治体を変える! ~第118回近畿市民派議員交流・学習会~

2021年02月21日

 地方自治体では、発生主義・複式簿記、固定資産台帳の整備、比較可能性の確保の3点から「統一的な基準」による財務書類を昨年度末までに作成するよう国から求められ、議会でもこれに基づいた決算審査が行えるようになりました。そこで、財務データを分析する手法を学ぼうと企画されたのが今回のオンライン学習会「公会計が自治体を変える! ざっくり分析、しっかり活用」です。

 第1部で、元習志野市会計管理者の宮澤正泰氏による講演「財務データの分析は行政改革の突破口 ~あなたのまちは大丈夫~」を拝聴。続いて、参加者が市の決算カードから作成してきた財務分析表をチェックしました。
 16市(と兵庫県)のデータを見比べると、宝塚市は、
■基準財政需要額に対する地方税充足率は、111.2%(2位)
 本来は運営がラクなはず?
■住民1人当たりの標準財政需要額は、135,876円(1位)
  ⇒基盤整備にお金がかかるまち
■住民1人当たりの負債額は、387,743円(7位)
  ⇒西宮市、川西市より低いが、公共施設の整備が遅れているせいかも
■住民1人当たりの資産の更新費用リスクは、690,695円(9位)
■住民1人当たりの行政コストは、296,000万円(2位)
■有形固定資産減価償却率(老朽化比率)は、73.5%(16位=べべ!)

 ・・・など。対象が少ないながら、他市との比較は参考になります。宮澤先生からは「必要以上に施設を保有している可能性あり。バブル期の感覚ではだめ。身の丈に合った運営をしていかないと。廃止できなくても民間へ」とご助言いただきました。
 公共施設保有量の最適化は本市の大きな課題。住民サービスのための施設以外に手塚治虫や温泉や植木のまち関連、観光施設もあります。人口減少率に合わせて2035年までに建物施設の総床面積を6.2%、約4.45万㎡減らす方針ですが、財務書類の数字からみるとそれで済むのか――。

3月議会始まる

2021年02月19日

 令和3年度第1回定例会(3月議会)が始まりました。年度始めのこの日は議場コンサートが行われた後、本会議で市長の施政方針演説、当初予算の概要説明と続くのが恒例ですが、4月に市長選挙を控える今年は議場コンサートも施政方針もありません。

 中川市長から、専決処分した事案2件(新型コロナウイルスワクチン接種事業関連1億877万円、感染症拡大防止協力金6180万円の増額補正)の報告があり、私たちは意義なしとしました。急を要するため議決を経ずに決めた分の事後承認ですが、尼崎市は臨時議会を開いてたっけ…とチラリ。
 続いて市長提出議案51件(当初予算18件、補正予算9件、条例の制定・改正14件、工事案件3件、人事案件3件ほか)と、市民からの請願1件について提案理由の説明が行われました。
 当初予算は改選前につき骨格予算で、条例改正は法改正にもとづくものがほとんど。注目されるのは特別職と議員の報酬引き下げ、教育委員人事、継続になっていた共同利用施設売布会館の指定管理者問題くらいでしょうか。当初予算は予算特別委員会で、その他の議案と陳情は付託先の常任委員会で審査します。
 会期は本日から3月22日までの29日間。

ローカルマニフェスト推進連盟

2021年02月17日

北川正恭先生

当初予算 ~会派代表者会~

2021年02月16日

 22日からの議会に向けて議会運営委員会が開催され、私は引き続き開かれた会派代表者会に出席。令和3年度当初予算について副市長・上下水道事業管理者・病院事業管理者から説明を受けました。

交流会議

2021年02月15日

交流会議

歴史ある郊外住宅地の保存と宝塚・旧安田邸

2021年02月14日

~郊外住宅地として雲雀丘花屋敷地区の重要性と旧安田邸の存在を考える~

続・おくやみ手続きを考える

2021年01月23日

 昨日、1月15日にお目見えした「おくやみ手続き案内コーナー」を見てきました。市役所1階・サービス窓口課内。小さなスペースですが、木の間仕切りが施されています。
 ここで受付票に記入すると、その人に必要な手続きの申請書と担当課などがわかるリストが一括作成されます。氏名や年月日を何度も書く必要はなくなりました。これら一式をはさんだ「すみれ色のファイル」をもって各課へまわっていただきますが。どの部署の職員も「すみれ色のファイル」を手にした人に寄り添った対応を心がけるよう周知されているとのこと。

 同コーナーは、議員の一般質問がきっかけで実現へ。若手職員たちが中心になってしくみを考え、課員全員で検証を重ねてきたそうです。市単独で改善できないことや予算の限りもあって、今はここまで。利用者からは「手続きがスムーズにできた」なと概ね好評と聞きました。
 政府は死亡・相続手続きのワンストップ化をめざし、行政手続きの見直しやデジタル化を推進、おくやみコーナーを設置する自治体の支援も行っています。オンライン申請が可能になる日はそう遠くないかもしれません。

 Yさんたちの思いは、私が話した日にもたれた(コーナー開設の)キックオフミーティングで係長からみんなに伝えられていました。すべての自治体関係者に受け止めてほしいと願っています。 

おくやみ手続きを考える

2021年01月23日

 難病をもつ幼い息子さんとの日常をSNSで発信されていたYさん。巣ごもり中の私も8500人のフォロワーの一人でした。最愛のわが子を亡くして役所で手続きをされたYさんのつぶやきに、同じ経験をした人たちや医師が次々に同調されるのを見て、考えさせられたことがあります。

 障害者手帳や各種助成・手当の消滅手続きなど何枚もの「紙」にわが子の氏名と死亡年月日を書かされる。マイナンバーは何のため? 出生届を出す人と隣り合わせ。職員の態度に一喜一憂してしまう。送られてきた特別児童扶養手当停止のお知らせには「対象児童が死亡した為」とひと言…。
 「役所は、どこも無神経」「手書きを求められることに悪意すら感じる」と続くコメントにも胸が痛みます。

 たしかに、死亡届と一元化できればご遺族の負担は軽減(役所の事務量も減)。書式をダウンロードして郵送可にできないものか。資格消滅欄へのチェック方式にはできるはずです。
 うちの市はどうなっているのでしょう。私自身も祖母や父が亡くなったときに手続きしましたが、高齢の親の場合とわが子や自死の場合とでは精神的負担が比べものになりません。
 窓口サービス課に現状を尋ねたのは「おくやみコーナー」がスタートする前の週でした。〈続く〉

次ページへ

お知らせ

2020年12月31日

健康上の理由で活動を休止しておりました。
12月10日以降の活動報告を遅れて更新中です。

2020年11月23日

「市民ネット宝塚」は、北野聡子・川口潤・寺本早苗の3名で活動することになりました。詳細は11月19日の活動報告にて。これからもよろしくお願い申し上げます。

2020年11月16日

令和2年第6回宝塚市議会(12月議会)が始まります。主な日程は以下のとおりです。

11月16日(月)本会議:決算採決・提案理由説明
  18~20日 常任委員会①+協議会
  24日(火)総務常任委員会②
  25日(水)文教生活常任委員会②
  26日(木)産業建設常任委員会②
  27日(金)本会議:2次送付議案の採決
12月8日(火)~10日(木)一般質問
  18日(金)本会議(採決)

詳しくは市議会のホームページをご覧ください。
 http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/gikai/

2020年05月21日

・議会レポート52号の配布を再開します。
 ただ今54号を準備中(53号はダイジェスト版)
 ご購読いただける方はご連絡ください。
 郵送でお届けします。
      sanae-t@jttk.zaq.ne.jp
 

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ